太陽光発電 パナソニック

パナソニックの太陽光発電を選ぶ前に知っておきたい事とは?

太陽光発電の歴史

 

太陽光発電の歴史について。
太陽光発電が誕生したのは、ずいぶん昔の話になります。
今でこそ、太陽光発電を設置する家庭が増えましたが、
基本的な原理が誕生し開発に至ったのは、1954年からだと言われてます。
実用化は、それから4年後の1958年。
どれだけ太陽光発電の歴史が古いかが分かりますね。

 

 

現在までの歴史を簡単に紹介すると、
●1973年〜第一次石油危機で、太陽光が注目される
●1974年〜サンシャイン計画で、日本でエネルギー問題の見直しが求められる
●1980年〜ソーラーシステム普及促進融資制度
●1993年〜ニューサンシャイン計画
●1994年〜新エネルギー導入大網

 

 

そして、日本の太陽電池が世界中へ生産されたのは、1999年からになります。
その後、2011年3月11日に発生した「東日本大震災」で、
伴った福島原発事故を受けて、世界中のエネルギー事情に変化がもたらされました。
もっとも速く動いたのが、ドイツです。
ドイツは、他国に先駆け、「脱原発」を公言しています。
ドイツは、環境先進国として知られており、
クリーンで再生可能なエネルギーの導入に力を注いできました。